--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2011/08/11

「スイートプリキュア♪」第6話「ガミガミ!お説教が生んだミラクルベルティエニャ♪」

大切だから怒るんだという話。

響も奏もプリキュアらしくなったと一安心のハミィ。「ハーモニーパワー」の次は「ミラクルベルティエ」ニャ。
なんだかよくわからんが、また口げんか開始。

そこへやって来たアコと奏の弟・奏太。

「邪魔。通れないんだけど。」生意気な口を利くアコ。「ごめんね。」アコに謝る響。

「謝る暇があるなら、さっさとどいて。」カチ~ン!

画像

「口うるさ。あんた、もてないでしょ?」カチ~ン!!
画像

「そんなことないよ!」いきり立つ奏。
王子先輩にバレンタインにチョコをあげたという。お返しが楽しみなご様子。
画像

「自分からチョコをあげるのをモテるって言わないでしょ?」ごもっとも。

今日も大忙しのケーキショップ。家の手伝いもせず遊びに行く奏太を追いかける奏。
その様子を羨ましそうに見つめる響。ひとりっ子の響は兄妹に憧れを感じているのだ。

奏太とアコの様子を見ていた響。学校でもひとりでいるアコを奏太は放っておけないようです。
奏太は響に「ホワイトデー」の相談をする。

響と一緒に家に戻った奏太は奏に叱られる。奏太を庇う響に奏では強い口調。
「弟がいる苦労なんて響にはわかんないわよ!」
「わかんないよ。私、ひとりっ子だから。」
画像

響は沈んだ表情で帰ってしまった。

翌日、家に戻った奏は散らかったキッチンにいる奏太を発見。
誤魔化そうとする奏太だが、奏は叱りつける。
「お姉ちゃんなんか大嫌いだ!」
ケーキの箱を落とし、飛びだしていく奏太。
そこへ入ってきた響は奏に奏太の想いを話す。中のチョコには「ねえちゃんへ」と書かれていた。

ケーキに音符を見つけたハミィは知らせようとするが響に迫力負け。
奏は箱(音符含む)を持って奏太のあとを追った。

伝説の楽譜の「驚きの白さ」を見せられるセイレーン。案の定、メフィストに叱られてしまった。

奏太は海岸に来ていた。取りなす響。涙を流す奏太。
「もう、放っといてくれよ!」その隙にケーキ箱を奪うセイレーン。

「ハミィが先に見つけた音符ニャ~!」飛びかかるハミィ。
え?セイレーンが先に見つけた音符だって手に入れたくせに。

セイレーンはケーキ箱(カップケーキ含む)をネガトーン化。「絶対に許せない!」

というわけでプリキュアに変身。
攻撃を開始する2人だがリズムの様子がおかしい。「力が出ない・・・どうして・・・?」
画像

その間に奏太は不幸のメロディーを浴びて大泣き。
「姉ちゃんなんか大嫌いだっ!もう姉ちゃんの顔なんか見たくない!」
心が弱ったリズムは何度もネガトーンにぶっ飛ばされる。

「力が出ないくらいで、大切な弟を見捨てるわけにいかないのよ!」
画像

リズムに襲いかかるネガトーンをメロディが食い止める。メガトーンを投げ飛ばすメロディ。
まだまだ奏太は泣きじゃくっていた。手をさしのべるリズム。
しかし、奏太の心は折れまくっていた。

「俺なんかどうなったっていいんだ!」「どうでもよかったら怒ったりしない!」泣きやむ奏太。
「大切だから怒るんだよ。どうでもいい人を怒ったりしないよ。」「帰ろう。お姉さんの所へ。」
画像

リズムは奏太を救出。ひしと抱き合う姉と弟。
画像

ネガトーンのカップケーキ攻撃をメロディが迎撃。「他人」の響がセイレーンに叫ぶ。
「2人にもずっと仲良くケンカしてほしいんだよ!」(トムとジェリー日本語版ですか↑)

「私は2人の気持ちを、お互いを思いやる心を守りたい!」
画像

そのとき、メロディのモジューレが輝いた。
画像

ミリー出番です。「奏でましょう、奇跡のメロディ!ミラクルベルティエ!」
画像

「プリキュア・ミュージックロンド!」
画像

「三拍子!1・2・3!フィナーレ!」
画像

どかーん!!!!
画像

大爆発が起こり、ネガトーンは無力化。音符ゲット。セイレーンは退散。
メロディの心が生み出した新しい力である。

奏の膝枕で気がついた奏太。
奏と響は奏太の手作りカップケーキをいただくことに。
ぶぶぶーっ!
画像

特製わさび入りカップケーキに一杯食った話。(かな)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スイートプリキュア♪ - ジャンル : アニメ・コミック

06:49 | スイートプリキュア♪COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。