--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2012/02/25

おはよう忍者隊ガッチャマン(11/30)「今日もまたカッツェから君へ!の巻」

画像

今日も始まりましたカッツェ様の『気ままにADORNING
画像

「ベルク・カッツェの『気ままにBAD MORNING』~!」

「今日のおハガキは茨城県の木村美月ちゃんからです。読みます。

『カッツェさん、ガッチャマンの中でだれをやっつけたいですか?
 ガッチャマンとたたかってるときはたいへんですか?いつもがんばってください!』・・・ということなんですけど。」
画像

「う~ん、美月ちゃん。誰をやっつけたいとかそういうことでやってるんじゃないの。
 職務ってわかるかしら?ま、強いて言えばね、やっつけたいのは自分ね。
画像

 常に自分との戦いだと思っております。そういう意味でも大変じゃないお仕事なんてないし。
 それよりね、引っかかったのが最後の『いつもがんばってください』。

 これねぇ、誰かに頑張ってって言うのは相手の頑張りが足りないってことを指摘してるだけになりかねないの。
 美月ちゃんだって、勉強もっと頑張ってって言われたら、
 私これでも頑張ってるわって反論したくならな~い?こういうときはね、
 頑張ったねって言うの。

 大人になるとね、特に心が挫けそうになることが多くなるけど、
 そんなとき一番言っちゃいけない言葉がね、頑張って!なの。
画像

 そのことは是非心に留めて、これからもじゃあ・・・
「頑張って下さい!」
画像

さすが、カッツェ様です。我々の世代では「頑張って下さい」は常套句。
ところが最近の子供たちには逆効果となることもあるらしい。
子供だけではなく若い大人にもプレッシャーに感じる人がいるのだ。
時代が変わったのか、はたまた「ゆとり」のせいなのか・・・。
関連記事
スポンサーサイト

05:15 | おはよう忍者隊ガッチャマンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。