--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2011/08/04

プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

画像

プリキュアオールスターズDX【第2章】

それは一通のお手紙から始まった。「さがしてください シプレ コフレ」

その手紙を手に「まさかこんな晴れた日に家出を?」と焦るつぼみさん。
えりかさんはため息をつくばかりです。
それは「フェアリーパーク」への招待状。場所は海の真上だが、なにはともあれ出発です。

その頃、他のプリキュアさんたちにも同じ招待状が届いていた。
それを手に各々フェアリーパークへと出掛けます。
その頃、海の底では新たなる脅威が胎動していた・・・。

フェアリーパークへ着いたつぼみとえりか。
入口ではシプレとコフレがミラクルライトを配っていた。
「楽しそうねぇ~、コフレ。」
画像

というわけでめでたく再会できました。受付をミルクに代わってもらって2名様ご案内~。
すると、夥しい数のミラクルライトが宙を舞っていた。シフォンのいたずらである。
「シフォンやめるんや~!」「タルトー!」「ピーチはん!」
その一本がつぼみに向かってきた。「危ないっ!」
間一髪でライトを掴んだのは桃園ラブその人であった。
画像

しかし着地に失敗して見事なヘッドスライディングを披露する羽目に。

こんなわけでつぼみたちと出会った桃園さんたちは行動を共にする。せつなさんもいます。
プリキュアさんたちと待ち合わせに遅刻してしまった桃園さんたち。
「誰かさんが入場チケットを忘れちゃったのよねぇ。・・・別にラブのせいじゃないわよ。」
画像

「そうね。ラブにチケットを預けた私たちの責任だわ。」
画像

「絶対会えるって私信じてる。」
画像

「隅から隅までカンペキに探せばいいだけよね。」
画像

桃園さん、いちいちグサグサグサッとダメージをくらっています。
画像

「探すの手伝うけど」と言う申し出に感謝感激の桃園さん。
「ありがとう!」というわけで他の11人を探し始めます。
とは言っても遊びながらではなかなか見つかりません。

なぎさとほのかとひかりはみんなを探していました。
咲と舞は地図の見方を間違っていました。(咲のみ)
夢原さんは吊り橋をゆらして遊んでいました。
画像

ひとしきり楽しく遊んだ桃園さん。シロップに勧められ観覧車へ。
つぼみ・えりかと親交を深めます。

そんなところへ深海の闇・ボトムからの刺客が。
各シリーズ(無印除く)の幹部たちが復活しました。
フェアリーパークは大混乱。来場客を避難させます。
その事態に先輩たちも現場へと向かいます。

ノーザ・キントレスキー・ウラガノス・ムカーディアが出現。
「緊急事態」につぼみとエリカは桃園さんたちの前で変身。
その姿を見て安心した桃園さんたちもプリキュアに変身。
自分たち以外にプリキュアがいたことにビックリ仰天。
画像

しかし、それだけではありませんでした。「ちょ~っと待った~!!」と現れる諸先輩方。
画像

ピンチになった6人のもとに駆けつける11人のプリキュア。
「レインボージュエルは渡さない!」
画像

「おのれ~、なんて数だ!」キントレスキーさんもタジタジ?
ノーザは役目は果たしたと一旦撤収。
桃園さんたちと11人はこうしてやっと集まることが出来ました。
ここで実は遅刻したのは桃園さんたちだけではなかったことが判明。
なぎさ先輩は寝坊した挙げ句、チケットを無くして遅刻していたのだった。
咲とのぞみは迷ったことをわかりにくい地図のせいに。
画像

いつの間にか笑顔に包まれる人々。シプレは不思議顔。

そんなとき、ボトム一派が再び襲来。ノーザさん怖すぎです。
画像

地割れによってバラバラになる妖精たちとプリキュアさんたち。
つぼみとえりかも地割れに呑み込まれてよくわからない森の中。
そこへ現れるアラクネアカレーパンカレハーン。
シプレたちとはぐれて変身できない2人を救うフレッシュプリキュア。
画像

メップルとミップルを抱え先を急ぐ2人は落とし穴に転落。行き着いた先はプラネタリウム。
後ろ向き発言をするつぼみとえりかを力づけるメップルとミップル。
そこへ現れるシプレとコフレを手にしたミズ・シタターレとモエルンバ。
窮地に追い込まれた2人を救ったのはプリキュア5。
隙をついてミルキーローズがシプレ・コフレを奪還。つぼみとえりかは変身。
私たちも戦うというマリンにドリームは言う。
ここは任せて妖精をなぎさとほのかのもとに連れて行けと。
画像

そう言われたら素直に行った方が身のためである。

ミラクルライトで妖精たちはレインボージュエルの在処を探し出す。
ブロッサムとマリンは妖精と別れレインボージュエルのもとへ。
現れるノーザ・キントレスキー・ネバタコス・ムカーディア。
2人を助けにブラック・ホワイト・ブルーム・イーグレットが駆けつけた。
画像
画像

先輩たちの豪快な打撃攻撃に助けられ先を急ぐ2人。
追いかける幹部たちの動きをルミナスがアンクションで止める。
画像

その隙にS☆S先輩がフォームチェンジ。
画像

ブロッサムとマリンを投げ飛ばして目的地へ。
画像

もう少しというところでレインボージュエルはボトムに奪われてしまった。
光を失い、力を失うプリキュア。
画像

色褪せていくコスチューム。
画像

ひび割れるアクセサリー。
画像

そんな中でもブロッサムは希望を捨てていなかった。
画像

「絶対に諦めない」「希望は捨てない」この2人の希望にミラクルライトが反応。
みんなでミラクルライトを振ります。ゆりさんもいつきさんも振ります。
画像

復活するプリキュアさんたち。
画像

小さな天使の羽根を使って17人の編隊飛行攻撃。
画像

さらにフォームチェンジしてのレインボージュエルソリューション。
画像
画像

深海の闇・ボトムを希望の光が消し去った。

戦いが終わってフェアリーパークも元に戻り、17人の少女は思いっきり楽しむのであった。
小さくなったレインボージュエルは1000年後にまた開く。
そのときまで希望に満ちた世界であることを信じてる。
画像


DXと違って「ハートキャッチプリキュア」の映画だった気がする。
まあ、「ハトプリ」を知らなくても見られる娯楽編ではあるのだが。
一度出会った17人のプリキュアが離ればなれとなる。
ハトプリの行く手に現れる敵を引き受ける先輩プリキュアたちは2人を導きながらゴールまでたどり着かせる。
しかし目的は果たせず、全てが徒労に終わったかに見えたとき今度は2人が15人を集結させて敵を倒す。
これはつぼみとえりかの物語。きちっと「主演」を決めたことで筋は通ったのではないだろうか。
そのせいかバンクも少なめで割とゆっくり楽しめた。これだけ人数が増えるとなかなか扱いにくいし。
小学生の娘はこの「DX2」が一番のお気に入り。ずーっと続く戦いを見続けるのも疲れるようです。

DX3はいずれまた・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

22:16 | アニメCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



秘密にする

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。