--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2012/02/27

おはよう忍者隊ガッチャマン(12/1)「12月のギャラクターの巻」

画像

ああ、ボーナスの査定ですか・・・。

「巷ではボーナスが出るの出ないのと言い始める時期だ。」「はっ。」
「我々ギャラクターは頑張った者にそれ相応のボーナスを出す用意がある。」「おぉ~。」
画像

「そこで!今年お前たちがどれだけ悪の組織らしく悪いことをしたか今から査定していく!まずお前!」
「はっ!」「どんな悪いことした?言ってみろ!」
「はっ!カラオケで1曲目からバラードを歌いました。」

「なに!?それ小さすぎ!世界征服と全然関係ないでしょ!次っお前!」
「はっ!すごい寝坊したのに、とりあえず一服しました。」

「ん~、確かに悪いけど、それも関係ない。でもそういうトコ直しなさい。次っ!」
「はっ!関西人でもないのにめっちゃってめっちゃ言います!」
「うわぁ、なんかイライラする。でも全然関係ない。次っ!」

「43歳なんですが扶養家族です。」
「悪以前の問題!もうなんなのお前たち!どいつもこいつも全然悪くない!」

「お言葉ですがカッツェ様、
 カッツェ様はどんな悪いことをなさったのでしょうか?」
画像

「私のした悪いこと?それはね・・・。」

「ボーナス出す気もないのに査定するフリしちゃったこと!」
画像


「ずこーん!」
画像

査定というのはそれを「する者」に有利ではいけない。
「される者」は納得いくまで説明を求めましょう。当然、査定する側は説明できるはずですから。

まあ、気分とか好き嫌いで「査定」という差別をするバカもいるが。

スポンサーサイト

05:15 | おはよう忍者隊ガッチャマンCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。