--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告  TOP

2012/01/11

「ちはやふる」第十四首「はなよりほかにしるひともなし」

クィーン・若宮詩暢登場!

全国大会個人戦は級別の対戦となります。太一と肉まんくんはB級。奏でと机くんはD級。A級は千早だけ。
D級は段位なしのグループです。「今日は敵ですね机くん!」カナちゃん燃ゆ。

対戦を確認しているとすぐ後で「クィーンが出てる」と須藤先輩。
クィーンの対戦相手は北央の後輩・甘糟くんらしい。

そして。期待にそぐわぬダサイ格好で登場した女性。彼女こそ最年少クィーン・若宮詩暢である。

画像

「よほどカルタがお好きなんやねぇ・・・。」
画像

ぶちっ。素でイヤミが染みついたクィーンに須藤先輩ブチ切れ。
画像

「ブッコロス!」ついでに千早に「お前もブッツブス!」
画像

「私の目標・・・。」千早はその姿に目を奪われるのであった。

1回戦開始。クィーンのカルタが見たいと集中していない千早。
早々に札を連取される。そうこうしてる内にクィーンは速攻で勝利。24枚差。甘糟くん1枚しか取れませんでした。
画像

千早も集中し直して1回戦を突破。2回戦の対戦発表。「当たりたい。」「当たりたくない。」「当たりたい!」
画像

「若宮詩暢」の票の下に「綾瀬千早」が置かれた。早くもクィーンとの対戦が実現した。

クィーンの音のしないカルタに圧倒される千早。
画像

2回戦不戦勝の太一が見たものは一方的な展開。
画像

戦意喪失はしてないまでも狙い札が分かりやすい千早。
画像

狙っていても取れなかった札。どうすれば・・・どうすれば・・・。原田先生の言葉が頭を過ぎるが、打開できない。
画像

「ダディベア?」詩暢は千早のTシャツの柄に気を取られた。
画像

詩暢のTシャツはヤバカワキャラ「スノー丸」だった。
画像

ぽぇ~んと千早。
画像

ぽぇ~んと詩暢。
画像

「同じ16才の女の子だ。勝てないわけない」と。

千早の攻めガルタが通用しない。囲い手すらダメだった。
勝つ想像が出来ない千早。このまま1枚も取れずに終わるのか。
画像

そのとき、さいたまの高校生が会場の電気を不注意で消してしまう。
灯りが点いたとき、千早は落ち着きを取り戻した。応援に来ている女帝や太一の姿が見える。
画像

「手加減せんよ・・・」詩暢に新が重なる。
画像

悔しい、1枚くらい取りたい!12才の千早が叫ぶ。
画像

「失礼します」と立ち上がった千早は須藤ばりに相手を見下ろす。
画像

そこで詩暢が左利きだということにやっと気がつく。「どんだけテンパッてんの~!」ぐるぐるぐる~。
画像

「戻ってきた」千早。流れを引き寄せろ。守りガルタの一番奥を抜け。素敵すぎる悪魔の囁きが聞こえる。
画像

詩暢「変な子」。そりゃそうだろうな。クィーンから取る最初の一枚が1月のクィーン戦に繋がる。
「まぐれはイヤだ」ときわどいタイミングの札を相手に渡す。
「全ての札は自分の札」という原田先生のカルタではありえない。
画像

そしてついに最初の一枚を取った!
画像

おおーっ!初めてクィーンから一字決まりを奪った。
画像

あの時と同じ札で。
画像

「F音」。「ふ」になる前の「F」を千早は聞き分ける。

「ちはやふる」を送る千早。続く札も送り一発で連取!
画像

千早が完全復活。クィーンの目の色が変わった。
画像

圧倒的不利の状況の中、反撃の糸口を掴んで次回に続く。

1回で終わらすかと思ったんですけど前後編になりました。それだけどデカイ敵との対戦ですからねぇ。

【今日の一首】

もろともに あはれと思へ 山桜 花より外に 知る人もなし
前大僧正行尊

(私とともに愛しいと思っておくれ山桜よ。私をわかってくれるのは君だけだから。)

クィーンの「孤独」。それでも16才の女の子。それをわかってくれるのは千早だけなんですね。

スポンサーサイト

テーマ:ちはやふる - ジャンル : アニメ・コミック

09:46 | ちはやふるCOMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。